愛知県一宮市 / 一宮駅前(名鉄・JR)より徒歩2分の鍼灸専門治療院 伸和東洋治療院 Last Update 2021/10/16

最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として、鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療としての効果について有効であると発表しまし た。

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次のものを挙げています。

神経系疾患
脳卒中後遺症、偏頭痛、頭痛、顔面神経麻痺、各種神経痛、末梢神経疾患、
消化器系疾患
胃炎、腸炎、胃下垂、胃酸過多、食道賁門痙攣、横隔膜痙攣、十二指腸潰瘍、便秘、下痢、麻痺性イレウス、
運動系疾患
腰痛、頚椎症候群、肩関節周囲炎、五十肩、テニス肘、各関節炎、慢性関節リュウマチ、頚椎捻挫後遺症、
呼吸器系疾患
感冒、気管支炎、気管支喘息、
婦人科疾患
生理痛、月経不順、子宮内膜症、更年期障害、つわり、乳腺炎、
小児科疾患
夜尿症、小児喘息、夜泣き、疳虫
感覚系疾患
急性結膜炎、中心性網膜炎、近視、白内障、眼精疲労、
耳鼻咽喉科系疾患
鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、 メニエ ール氏病、

※上記の病気以外にも、幼児・小児・大人の熱病、伝染性疾患(風疹、麻疹、流行性耳下腺炎)不妊症逆子出産時の陣痛促進、などにも効果があります。

その他、電話でお問い合わせ下さい。

       ●月〜土曜      午前9:00〜12:00
       ●月・火・木・金曜  午後2:30〜 7:00
       ●休診日 水曜・土曜午後、日曜、祝日

      ※ コロナ感染拡大への対応により
        午後の診療時間を短縮しています。

診療日時表

   TEL 0586(72)4325  [完全予約制]

(スマホをご使用の場合、下記の電話番号をクリックしていただければかけることができます0586-72-4325

   〒491-0858   一宮市栄1−11−14 一龍軒栄ビル3F
     (一宮駅前ロータリー・市営地下駐車場入口横) [地図]
      茶色のレンガ造り(外壁)のビルの3Fです。
          Google mapマーカー Googleマップで開く

2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
 は、休診日です。

新型コロナウイルス感染拡大への対応
以下の対策を行うことで、感染拡大防止に努めてまいります。

1.御来院時に検温させて頂きます。

2.院内外の消毒の強化
院内に患者様用の消毒液を設置し、来院時に消毒をお願いします。
ドアノブやエレベーターのボタンなど、複数の患者様が手を触れるものについては、定期的な消毒を行います。
ベット回り、使用後のスリッパの消毒を行います。

3.定期的に換気を行います。

4.診療時間を短縮させていただきます。

患者様の来院地域
一宮市、稲沢市、江南市、犬山市、大口町、岩倉市、小牧市、春日井市、清須市、あま市、津島市、大治町、瀬戸市、尾張旭市、東浦町、豊田市、知立市、大府市、刈谷市、豊橋市、日進市、北名古屋市、
名古屋市北区、西区、東区、瑞穂区、千種区、中川区、熱田区、南区、緑区、天白区、
岐阜市、羽島郡岐南町、大垣市、揖斐郡池田町、可児市、関市、美濃加茂市、山県市、鈴鹿市、
彦根市、大津市、京都市、大阪市、東大阪市、茨木市、吹田市、西宮市、浜松市、羽村市、東京都足立区、茨城県つくば市、

What' new / 更新履歴

当サイトについて
当サイトの作成・維持・管理は、すべて院長の増田が一人で行っていますので、内容等に不備がありましたら、当治療院(TEL 0586-72-4325)までご連絡をお願いします。

 お薦めの食養生です 

特に摂っていただきたいものを挙げてみました。(以前の食養生を引用)

■しょうが

■柑橘系の皮(柚子・橙・みかん)

■し そ

■山 芋

■いんげん豆

■蜂 蜜

 お薦めの博物館・美術館 

■内藤記念くすり博物館

わが国初の、くすりに関する総合的な資料館として、1971年6月にエーザイ株式会社川島工園内に開設されました。
くすりに関する収蔵資料もたくさん展示されています。

■稲沢市荻須記念美術館

稲沢市出身でパリを中心に活躍した荻須高徳画伯の業績を讃えるため、1983年に稲沢市が建設いたしました。

■一宮市三岸記念美術館

名誉市民である三岸節子画伯の功績を讃え、生涯にわたる作品を収集、展示することにより、その画業を永く後世に伝えると共に、市民の美術への関心を高め、芸術に対する造詣を深める目的で、画伯の生家跡に建設されました。

 お薦めの医療関係のサイト

■メルクマニュアル医学百科

最近の医学の進歩を反映した質の高い医学情報を盛り込んでいます。

■医学・薬学用語辞典

最新の医学・薬学の用語を解説。

■メディカルiタウン

処方薬・市販薬の効能・効果、副作用などを解説。